2019-06-12

最新のブログ記事

ブログ記事を読む

奥へ長く伸びた敷地に計画した平屋住宅。軽やかな軒は、雨風や陽射しを遮るという日本住宅の慣例を活かしつつ、現代的なフォルムを持つ外観を演出します。内部では、中心軸に長い廊下を敷いて、枝のように部屋を配置した、使いやすい間取りを計画。LDK、ワークスペース、寝室など、各部屋を明確にゾーニングさせながら、インテリアは濃淡のグレーが印象的なノスタルジックモダンで統一することで、まとまりのある空間にしています。日々の生活を反映させながら、暮らしの断片が自然と繋がっていく住まいとなりました。

お気に入り

ブラウザーのアップグレードを推奨します

古いバージョンのブラウザからは一部機能が使えない場合がございます。ブラウザのアップデートを行ってください。
下記のリンクからブラウザをアップグレードしてください